世界最大級の仮想通貨取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」を徹底解説!

「最近話題の仮想通貨、私も始めてみたいなぁ…」

「仮想通貨投資で儲けられないかなぁ…」

と考えている方は現在たくさんいらっしゃるでしょう。

仮想通貨自体が何なのか分からない…

という方は以下の記事を参考にしてみてください!

しかしながら

どの仮想通貨取引所を使えばいいの…?

「たくさんありすぎてそれぞれの取引所の違いが分からないよ…」

という方がいらっしゃるのも事実だと思います。

そういった方にオススメなのが「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」と呼ばれる仮想通貨取引所です。

QUOINEX 評判

「え、『QUOINEX』…?」

「『bitFlyer』とか『Zaif』は知ってるけど…」

という方が大半かと思います。

確かに、「QUOINEX」は日本での知名度は低いかもしれません。

しかし、実はQUOINEXはシンガポールの会社であるQUOINEが運営する、アジア最大級の仮想通貨取引所なのです。

この記事では、初心者の方にもおすすめな仮想通貨取引所QUOINEXについて徹底的に見ていきます!

世界最大級の仮想通貨取引所「QUOINEX」の基本情報

QUOINEが運営しているQUOINEXは、2014年に設立された仮想通貨取引所です。

現在は日本の取引所となっていますが、当初は海外取引所でした。

QUOINEX 評判

しかしながら、元来日本での展開にも力を入れており、2017年の途中から本社を日本へと移しました。

取引時間としては

  • 取引日:月曜日~日曜日
  • 取引開始時間:午前7:00
  • 取引終了時間:翌日午前6:59

となっています。

注文の種類って…?

注文種類としては

  1. 成行注文
  2. 指値注文
  3. 逆指値注文

の3つがあります。

成行注文は、価格を指定しない注文です。

成行の買い注文を出すと、その時に出ている最も低い価格の売り注文から順番に注文数量に応じて注文が成立します。

同様に成行の売り注文の場合は、最も価格が高い買い注文から順番に注文に数量に応じて注文が成立します。

  • 一括売却注文
  • 部分決済注文
  • 全決済注文
  • 一括決済注文
  • 買建玉一括決済注文
  • 売建玉一括決済注文

は全て成行注文となります。

指値注文とは

「指定した価格以下になったら買う」又は「指定した価格以上になったら売る」

という条件付きの注文です。

なお、指値注文の場合には注文の一部のみ約定する場合があり、残りの注文は約定又は顧客が取消するまで有効です。

一方で、逆指値注文は

「指定した価格以上になったら買う」又は「指定した価格以下になったら売る」

という条件付きの成行注文です。

QUOINEXならではの特徴って何?

QUOINEXの特徴としては

  1. 資本金の多さ
  2. 取引高の高さ
  3. 安心安全のセキュリティ
  4. スプレッドの低さ

が挙げられます。

特徴①:資本金の多さ

約20億円もの潤沢な資本金によって、積極的なサービス展開や安定した運営を期待することが出来ます。

QUOINEX 評判

コインチェック事件からもわかるように、仮想通貨の取引所とはまだまだ先行きが不透明であると言えます。

そうした中で、これだけの資本金を保有していることはかなり安全性の高い取引所だと言えます。

仮想通貨取引所を選ぶ際には、「安心して自分の資産を預けられるのか」ということを判断するための基準として「資本金」に注目してみてください!

特徴②:取引高の高さ

仮想通貨における「取引高」とは、実際に約定した取引の数を表す数値です。

取引高が高ければ高いほど、活発な売買が行われていることになり、多くのトレーダーがいることが分かります。

QUOINEXでは、日時取引高が50億円を突破したこともあるほど取引が活発な取引所です。

アクティブユーザーの多さも、仮想通貨取引所を選ぶ際の一つの基準となります。

特徴③:安心安全のセキュリティ

QUOINEXは、世界水準を誇るセキュリティ企業と提携し、ユーザーが安心して取引が行える環境を整えています。

QUOINEX 評判

悪意ある第三者からの攻撃に耐えられるだけのセキュリティを確保しているため、安心して仮想通貨への投資を行うことが出来ます。

また

  • 通信の暗号化
  • オフラインで通貨を保管するコールドストレージ
  • 2段階認証

といった設定も万全です。

大量の資金を仮想通貨に投入する、といった場合にはやはりQUOINEX程度のセキュリティは必須となってきますね。

特徴④:スプレッドの低さ

スプレッドとは、仮想通貨の売買の間に発生する「価格差」のことです。

国内外に広く仮想通貨市場を開放しているQUOINEXでは、このスプレッドが低く設定されています。

QUOINEX 評判

そのため、ユーザーにとっての負担が軽くなり、積極的なトレードにつながっています。

QUOINEXのメリットは?

QUOINEX 評判

ここまでで、QUOINEXがどういった仮想通貨取引所なのかは分かっていただけたかと思います。

では、QUOINEXを利用するメリットとは何なのでしょうか?

それは

  1. 仮想通貨取引に関する各種手数料が無料
  2. 複数の通貨ペアに対応
  3. 25倍までのレバレッジ取引が可能

です。

メリット①:仮想通貨取引に関する各種手数料が無料

QUOINEXにおいて、仮想通貨の取引に関する各種の取引手数料は以下の通りとなります。

手数料対象取引ベース通貨ペアノンベース通貨ペア
(アルトコイン含む)
取引手数料現物取引
差金決済取引
無料約定金額の0.25%
ポジション料差金決済取引0.05%/日0.05%/日
手数料法定通貨仮想通貨
入金手数料無料
*銀行手数料は顧客負担
無料
出金手数料出金手数料:500円
*銀行手数料は顧客負担
無料
仮想通貨誤入金回復手数料入金数量の10%
処理手数料:500QASH

ベース通貨はBTC/JPY(1BTCを売買するのに必要なJPY数量)となります。

また、出金手数料は各通貨ごとに異なる場合があります。

仮想通貨誤入金の回復処理は、ブロックチェーン等の状況によってはできない場合がありますが、「*処理手数料」は理由の如何によらず返金されません。

また、誤入金が5,000米ドル相当額未満の場合は対応されませんので、注意が必要です。

加えて

  • ロスカット手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料

といった各種手数料無料嬉しいサービスですよね!

QUOINEXの手数料に関してもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください!

メリット②:複数の通貨ペアに対応

通貨ペアとは、仮想通貨取引の対象となる一対の通貨を言い、左右並べて表記します。

金額は、左側の仮想通貨1単位に対して右側の法定通貨をもって取引するのに必要な金額が表示されます。

例えば、「ETH/BTC」の場合は

「1ETHを売買するのに必要なBTC数量」

で表示されます。

QUOINEXでの取扱い仮想通貨は

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • キャッシュ(QASH)
  • XEM(ネム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)

です。

7種類ものアルトコインを取り扱っている取引所はなかなかありません。

QASHとは、QUOINE社がQUOINEXで取り扱っているトークンです。

トークンとは、分かりやすく言えば、独自の技術ではなく既存のブロックチェーンから作った仮想通貨の一種です。

QASHは、QUOINE社が提供する金融プラットフォームLIQUID上で支払いや送金といったサービスを利用するために使われます。

また、QUOINEXで取り扱っている法定通貨は

  • 日本円(JPY)
  • 米ドル(USD)
  • ユーロ(EUR)
  • 豪ドル(AUD)
  • シンガポールドル(SGD)
  • 香港ドル(HKD)
  • 人民元(CNY)
  • インドネシアルピア(IDR)
  • フィリピンペソ(PHP)
  • インドルピー(INR)

となっています。

これだけ多くの種類の仮想通貨・法定通貨を取り扱っているため

  • 現物取引:53通貨ペア
  • 差金決済取引:19通貨ペア

と取引通貨ペア数が業界最多となっています。

QUOINEX 評判

メリット③:25倍までのレバレッジ取引が可能

レバレッジ取引とは、顧客がQUOINE社に証拠金を預けることにより、証拠金を担保に顧客の指定したレバレッジ比率に応じて証拠金の何倍もの金額を運用する取引を指し、差金決済取引とも言います。

差金決済取引については、現物のビットコイン・イーサリアム、QASHが売買されることはありません。

また、決済については顧客は必ず反対売買を行う必要があり、清算は差金決済により行われます。

なお、差金決済取引は資金決済に関する法律の対象外となっています。

QUOINEXでは、

  • 2倍
  • 4倍
  • 5倍
  • 10倍
  • 25倍

の5種類からレバレッジ比率を選択することが出来ます。

QUOINEX 評判

国内取引所において「レバレッジ比率25倍」は現時点では国内最大の比率です。

QUOINEXの登録方法は…?

ここまででQUOINEXがどういった取引所なのかは分かっていただけたかと思います。

そこで、ここではQUOINEXの登録方法について見ていきましょう。

QUOINEXでの口座開設は

  1. フォーム入力
  2. 本人確認書類送付
  3. 審査
  4. 口座開設完了

の順番となっており、最短1営業日で取引が可能になります。

QUOINEX 評判

以下では、具体的にアプリ版で登録の手順を見ていきましょう。

フォーム入力

QUOINEXへの登録に関しては、この「フォーム入力」にかかる労力がほとんどです。

QUOINEX 評判

まずは「個人」か「法人」かを選択します。

ここでは、「個人」を選択する方が多いと思うので「個人」を選択した場合について詳しく見ていきます。

「個人」を選択した後は

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住国

を設定します。

QUOINEX 評判

次に

  • 私は、日本以外に居住地国が無いことを確約します
  • 私は、米国南瀬義務が無いことを確約します

の横にあるチェックボックスにチェックを入れてください。

QUOINEX 評判

そして、次の画面では

  • 名前(漢字)
  • 名前(カナ)
  • 生年月日
  • 性別

を入力し

「私は外国の重要な公人、もしくはその親族ではありません」

の横のチェックボックスにチェックを入れてください。

QUOINEX 評判

その後は、連絡先として

  • 住所
  • 電話番号

を入力します。

QUOINEX 評判

「ご職業」まで来たら

  • ご職業
  • 勤務先住所
  • 電話番号

を入力してください。

自営業の場合は屋号を、学生で所得がない場合は学校名を記入してください。

QUOINEX 評判

財務情報・投資経験の項目では

  • 主な収入源
  • 年収
  • 投資可能資産

を入力し、投資目的を

  • 仮想通貨を購入して、国内外への送金、決済等のため
  • 仮想通貨の価格変動による売買益のため
  • 分散投資を行うため
  • 中・長期投資のため

から選択します。

また、投資経験として

  • FX・CFD取引
  • 現物株式
  • 信用株式
  • 先物オプション
  • 商品先物

の経験年数を問われます。

経験がない方は「1年未満」を選択しましょう。

QUOINEX 評判

そして、申し込みの経緯を入力してフォームの入力は終了です。

QUOINEX 評判

最後に

  • 利用規約
  • リスク説明
  • 取引ルール
  • プライバシーポリシー
  • 当社サービス
  • 特定商取引に関する法律に基づく表示
  • 反社会的勢力でないことの確約書

に同意することで以下のような申込確認メールが届きます。

QUOINEX 評判

本人確認書類送付ってどうやるの…?

登録が終わったら、次は本人確認書類の送付です。

まずは、ログインを行い「設定」をタップしてください。

QUOINEX 評判

そこで「口座状況」をタップすると

  • 身分証明書
  • 住所証明書
  • 銀行取引明細書

という欄が出てきますので、それぞれを写した写真ファイルをアップロードしてください。

その後、QUOINE担当部署が提出した本人確認書類の内容を確認します。

内容に問題がない場合は、郵送物が発送されます。

郵送物が顧客の元に到着した後、QUOINE社で受け取り確認を行います。

受け取り確認が取れ次第、アカウント承認が完了となります。

まとめ

QUOINEX 評判

いかがでしたでしょうか?

世界最大級の仮想通貨取引所「QUOINEX」は

  1. 仮想通貨取引に関する各種手数料が無料
  2. 複数の通貨ペアに対応
  3. 25倍までのレバレッジ取引が可能

をメリットに持つ優秀な取引所です。

また、扱っている仮想通貨も多様ですので、リスク分散を意識した投資も可能となります。

登録も最短で5分、口座開設まで最短1営業日となっていますので

「仮想通貨の投資を始めたいなぁ…」

と考えている方はZaifやbitFlyerと並んでおすすめ取引所の一つですので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか?

また、QUOINEX同様の海外仮想通貨取引所として「Binance」が存在します。

2017年に設立され、設立から5ヶ月で24時間の取引高が世界1位になるなどかなり注目を集めている香港発の仮想通貨取引所となっています。

詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみてください!

おすすめの記事