仮想通貨販売所「GMOコイン」の手数料を徹底解説!

仮想通貨の取引・売買を始めるにあたってユーザーの皆さんが一番気になるのはやはり

「手数料」

のことだと思います。

今回の記事では、GMOインターネットグループの傘下にある仮想通貨販売所GMOコインにおける手数料について詳しく見ていきます。

GMOコイン 手数料

「GMOコイン使ってみたいけど、まだ手数料のことがよく分かってないから不安…」

「他の国内取引所・海外取引所と比べてホントに手数料は安いの…?」

と思っている方々にとって必見の記事となっていますので、是非最後までご覧になってください!

GMOコインに関する基本情報

GMOコイン 手数料

まずは、「GMOコイン」が一体どういった仮想通貨販売所なのかを見ておきましょう。

GMOコインとは、GMOインターネット株式会社の子会社であるGMOコイン株式会社が運営している2016年10月に設立された仮想通貨販売所です。

現在、仮想通貨交換業においてはGMOグループだけでなく、DMMグループやYahoo!グループといった巨大インターネット企業が続々と参入してきています。

GMOクリック証券を始めとするGMOインターネットグループ企業が培ってきた金融サービス提供のノウハウが存分に活かされたサービスとなっています。

そのため、堅牢なセキュリティと管理体制の下で仮想通貨初心者でも安心してビットコインの取引ができる環境が提供されています。

あくまでも業態は「仮想通貨販売所形式」であり、「仮想通貨取引所」としての機能は持ち合わせていません。

取扱商品としては

  1. 仮想通貨現物売買
  2. 仮想通貨FX

の2種類があります。

仮想通貨現物売買は、GMOコインとお客様が日本円・仮想通貨を介して売買を行うものです。

一方で、仮想通貨FXは5倍・10倍からレバレッジを選ぶことのできるレバレッジ取引を行うものです。

レバレッジ取引とは、証拠金を担保として取引を行います。

その証拠金にレバレッジの倍率をかけた金額で取引を行うことが出来ます。

例えば、証拠金100万円・レバレッジ5倍であれば500万円を元手に仮想通貨取引を行うことが出来ます。

取り扱っている仮想通貨の種類は、2018年5月現在において5種類となっています。

具体的な取り扱い通貨は

  1. ビットコイン(BTC) (仮想通貨現物売買・仮想通貨FX)
  2. ビットコインキャッシュ(BCH) (仮想通貨現物売買のみ)
  3. イーサリアム(ETH) (仮想通貨現物売買のみ)
  4. ライトコイン(LTC) (仮想通貨現物売買のみ)
  5. リップル(XRP) (仮想通貨現物売買のみ)

となっています。

ただ、仮想通貨「販売所」という性質上、仮想通貨現物売買・仮想通貨FXに関わらず、基軸通貨は日本円のみとなっています。

基軸通貨とは、本来は国際為替市場で中心に扱われる通貨のことであり、キーカレンシーとも言います。

仮想通貨の世界における基軸通貨とは、分かりやすく言えば「取引の媒介になりうる通貨」のことです。

例えば、ビットコインのみが基軸通貨とされている取引所においては、ビットコインを含む仮想通貨を取引する際には全て「ビットコインで決済」しなければなりません。

こうした「決済の手段」たりえる通貨を仮想通貨界隈では「基軸通貨」と呼ぶのです。

GMOコインの特徴としては

  1. 安心のGMOインターネットグループ
  2. 500円でも100万円でも、提示された価格で取引
  3. 即時入金・出金が可能
  4. 最短で翌日から取引可能
  5. 仮想通貨FX専用アプリである『ビットレ君』によりいつでもどこでも取引可能

が挙げられます。

通常の仮想通貨取引所で100万円を超える大きな注文においては、仮想通貨の売買の際に板に表示されている最も有利な価格より不利な価格で売買が成立してしまうことが特に多くあります。

しかし、仮想通貨「販売所」であるがゆえに、GMOコインでは500円であっても100万円であっても提示されている価格で仮想通貨を購入することが出来ます。

さらに詳しく「GMOコイン」の特徴やメリット、登録方法について知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください!

GMOコインの手数料

ここまでで、何となく「GMOコイン」がどういった取引所なのか、については理解していただけたかと思います。

ここからは、GMOコインの手数料について他の取引所と比較しながら見ていきましょう。

GMOコインで主に発生する手数料は

  1. 取引手数料
  2. 入出金手数料

の2種類となっています。

GMOコインにおける仮想通貨の取引手数料

コインエクスチェンジ 手数料

GMOコインにおける仮想通貨の取引手数料は以下の表の通りとなっています。

 仮想通貨現物売買仮想通貨FX
取引手数料無料新規注文/決済注文:無料
ロスカット:無料
レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日

レバレッジ手数料とは、仮想通貨FXにおいてポジションを建てた際に発生する料金のことです。

「ポジションを建てる」とは、新たに売り買いの注文を行うことです。

レバレッジ手数料は、ポジションを建てた同日から決済が行われるまで毎日午前7時に発生し続けます。

他の大手国内取引所と比較するとどれほど異なっているのでしょうか?

国内外の取引所名現物取引信用取引
bitFlyer(ビットフライヤー)ビットコイン:0.01~0.15%
アルトコイン:0.20%
ビットコイン
無料
Zaif(ザイフ)ビットコイン
maker手数料:−0.05%
taker手数料:−0.01%
アルトコイン
maker手数料:0%
taker手数料:−0.01~0.3%
ビットコイン
0%
アルトコイン
maker手数料:0%
taker手数料:0.1%
coincheck(コインチェック)ビットコイン
0.000%
ビットコイン
0.000%

GMOコインは、現物売買であっても仮想通貨FXであっても原則として手数料は「無料」となっていますので、国内大手取引所と比較してもお得な部類に入る取引所と言えます。

Zaifのみが唯一「マイナス手数料」を採用しているため、取引をすればするほどお得になる取引所となっています。

しかしながら、仮想通貨の銘柄によってはGMOコインよりも高い取引手数料が設定されている場合もあるため、注意が必要です。

 

GMOコインにおける法定通貨・仮想通貨の入出金手数料

GMOコインにおける法定通貨・仮想通貨の入出金手数料は以下の表の通りとなっています。

 日本円仮想通貨
入金手数料即時入金:無料
振込入金:振込手数料のみお客様負担
無料
(マイナーへの手数料のみお客様負担)
出金手数料無料無料

GMOコインでは、法定通貨(日本円)・仮想通貨の入出金に関わるあらゆる手数料が無料となっています。

そのため、他の国内大手取引所と比較するまでもなくお得な取引所であると言えますね。

期間限定⁉ お得なキャンペーンを実施中!

ここまで、GMOコインの手数料に関して紹介してきましたが

「手数料が安いのは分かったけど、別に他の取引所でもいいかな…」

「『絶対GMOコインが良い!』とはならなかったかな…」

という方もいるかもしれません。

そんな方々のために紹介したいのは

「20,000Satoshi もれなくプレゼントキャンペーン」

です。

GMOコイン 手数料

キャンペーン内容としては、GMOコイン社からの口座開設書類の発送後7日以内に口座開設を完了したユーザーに、ビットコイン20,000Satoshiがプレゼントされる、というものです。

この場合の「口座開設完了」とは、「ログイン後に口座開設コードの入力及び2段階認証設定を完了する」ことです。

プレゼントされたビットコインは、ユーザーの口座開設が完了した翌日にGMOコイン内のユーザー口座へ反映されます。

注意事項としては

  1. 本キャンペーンは、キャンペーン期間内に口座開設の申込みを完了したユーザーが対象
  2. 口座開設は「お一人様一口座のみ」
  3. 口座開設の申込み時に入力内容や本人確認書類不備、審査NG等があると、申込みが完了していても本キャンペーンの対象にならない場合あり
  4. 開設完了当日に口座を閉鎖したユーザーは、本キャンペーンの対象外
  5. Satoshiとは、ビットコインの最小通貨単位であり、1Satoshiは0.00000001BTCに相当
  6. ビットコインの付与は、GMOコイン内のお客様口座へのみ反映
  7. 本キャンペーンは、GMOコイン社の都合により、予告なく延長・変更・終了する場合あり

となっています。

まとめ

GMOコイン 手数料

いかがでしたでしょうか?

GMOコインは、法定通貨(日本円)・仮想通貨の入出金に関わる手数料が全て「無料」となっている点で国内仮想通貨販売所の中でもかなりオススメだと言えます。

興味を持った方は、この機会に是非「GMOコイン」に登録してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事