仮想通貨取引所・販売所「DMMビットコイン」を徹底解説!

2017年の終わりごろから2018年にかけて急速に日本国内において

「仮想通貨」「ビットコイン」

といった言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか?

そうした中で

「私も仮想通貨投資始めてみたいなぁ…」

「ビットコインで稼げるようになりたいなぁ…」

と考えている方も多いかと思います。

しかし同時に

「Coincheckの一件があったから、どの国内取引所を信用すればいいのか分からない…」

といったように仮想通貨取引所の安全性について不安を抱えている、という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回オススメしたいのは「DMMビットコイン」という仮想通貨取引所・販売所です。

DMMBitcoin 評判

仮想通貨が「ビジネス」として認められ始めたことから、インターネットサービスを提供している巨大グループ企業を中心として仮想通貨事業への参入が増加しました。

今回紹介する「DMMビットコイン」もDMMグループが提供する仮想通貨取引所・販売所です。

では、仮想通貨市場においてはまだまだ「新参者」であるDMMグループが提供するDMMビットコインが何故おすすめなのでしょうか?

この記事では、DMMビットコインのサービス内容や使うべき理由、実際の使い方、登録方法について詳しく見ていきます。

DMMビットコインってそもそも何?

2017年12月20日、仮想通貨界隈に衝撃が走りました。

それは、株式会社DMM.comが仮想通貨交換業に本格参入することが発表されたからです。

DMMBitcoin 評判

DMMグループの株式会社東京ビットコイン取引所を「株式会社DMM Bitcoin」に商号変更を行い、新たな仮想通貨取引システムサービスの口座開設申込受付を開始しました。

DMMビットコインの言う「新たな仮想通貨取引システムサービス」とは「SimplexCryptoCurrency」のことです。

このシステムを採用することで

  1. 快適な仮想通貨取引を実現する一般投資家向け取引ツール
  2. 適切な業務運用を支援する業務管理システム
  3. 仮想通貨取引サービスの早期収益化に貢献するディーリングシステム

を実現しています。

株式会社東京ビットコイン取引所の段階で、既に関東財務局から仮想通貨交換業者としての登録を受けているため、信頼度の高い取引所・販売所だと言えます。

DMMビットコインが選ばれる理由とは?

DMMBitcoin 評判

では、あくまでも「新参者」であるDMMビットコインが選ばれる理由とは一体何なのでしょうか?

ここでは、DMMビットコインが選ばれる理由を4つ紹介していきます。

Point1:取引できる仮想通貨の種類が豊富

DMMBitcoin 評判

DMMビットコインの取り扱い通貨は

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. ネム
  4. リップル
  5. ライトコイン
  6. イーサクラシック
  7. ビットコインキャッシュ

の7種類となっており、王道の仮想通貨から新興仮想通貨まで幅広い仮想通貨取引が可能です。

また、DMMビットコインでは実に14種類もの通貨ペアが存在しています。

現物取引では

  1. ビットコイン/円(BTC/JPY)
  2. イーサリアム/円(ETH/JPY)
  3. イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)

の3種類があります。

一方、レバレッジ取引では上記の3種類に加え、

  1. ネム/円(XEM/JPY)
  2. リップル/円(XRP/JPY)
  3. ライトコイン/円(LTC/JPY)
  4. イーサクラシック/円(ETC/JPY)
  5. ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  6. イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  7. ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  8. リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  9. ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  10. イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  11. ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

の11種類においても取引が可能です。

このように取扱通貨の種類が非常に豊富なことは、DMMビットコインの特徴の一つと言えます。

Point2:使いやすくて豊富な取引ツール

DMMビットコインの提供する取引ツールは、抜群の操作性を誇り、初心者からデイトレーダーまで幅広い層の仮想通貨ユーザーに好評となっています。

DMMBitcoin 評判

PC版取引システムにおいては、取引に必要な機能・情報が集約しています。

ストリーミングや指値・逆指値、OCO、IFD、IFOといった仮想通貨取引関連の機能が充実しています。

ストリーミング注文とは、リアルタイムで提示されているレートを任意のタイミングでクリックして発注する注文方法です。

成行注文のように約定レートにぶれが生じないため、約定させたいレートで約定させることが可能で、クリックしたときにレートが不利な方へ変動した場合は約定させない、といったことが出来るのでかなり便利です。

また、レイアウト変更も自由自在で、取引画面をオリジナル仕様にカスタムすることが出来ます。

チャート機能も充実しており、チャートから注文することも可能です。

iOSやAndroidに対応したネイティブアプリ版もあります。

こちらの機能性もPC版取引システムに匹敵するものとなっています。

チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能です。

Point3:様々な手数料が無料!

DMMビットコインでは、仮想通貨取引に関する様々な手数料の大部分が無料となっています。

入出金手数料に関しては以下の表の通りとなっています。

 日本円(JPY)仮想通貨
入金・入庫・クイック入金:無料
・振込入金:無料
(銀行手数料はお客様負担)
無料
(マイナーへの手数料はお客様負担)
出金・出庫無料無料
(マイナーへの手数料はお客様負担)

また、取引手数料に関しては以下の表の通りです。

 日本円(JPY)仮想通貨
取引手数料無料・新規注文/決済注文:無料
・ロスカット:無料
・レバレッジ手数料:建玉ごとに0.04%/日

マイナー(採掘者)とは、マイニング(採掘)を行う人を指します。

マイナーはシェア分のブロック生成権を持っており、仮想通貨の入出金には彼らに手数料を支払う必要があります。

Point4:土日も含めた24時間対応サポート!

DMMBitcoin 評判

DMMビットコインでは、24時間・365日、問い合わせフォーム及びLINEからの問い合わせに対応しています。

「お問い合わせフォーム」

LINE ID:@dmmbitcoin

また、「よくあるご質問」においては、

  • 口座開設・各種手続き
  • ログインについて
  • お取引の仕組み
  • 注文・約定について
  • 入出金・入出庫・振替
  • 障害

といったカテゴリに分けて回答されています。

DMMビットコインでの口座開設までの流れを徹底解明!

ここまでで、DMMビットコインがどういった特徴を持った仮想通貨取引所・販売所なのかは十分に分かっていただけたかと思います。

しかし、中には

「DMMビットコインで仮想通貨を始めたいんだけど、口座開設の流れが分からない…」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

DMMBitcoin 評判

そこで、ここではDMMビットコインでの口座開設までの流れを見ていきましょう。

是非、この記事を見ながら一緒に登録してみてください!

STEP1:メールアドレスの登録

まずは、「口座開設」ボタンから進んで、メールアドレスの登録を行います。

DMMBitcoin 評判

登録したメールアドレスに認証メールが送られてくるので、メールに記載されている認証URLをクリックしてください。

DMMBitcoin 評判

リンク先にてログインパスワードを設定することで、登録手続きが完了となります。

登録手続き完了後、マイページにログインすることが出来ます。

STEP2:基本情報の入力&本人確認書類の提出

マイページにログイン後、契約締結前交付書面の内容を確認します。

DMMBitcoin 評判

DMMBitcoin 評判

その後、個人情報などの必要事項を記入します。

DMMBitcoin 評判

DMMBitcoin 評判

DMMBitcoin 評判

DMMBitcoin 評判

 

ちなみに、こちらの本登録はアプリではなくサイトからのみ可能となっています。

その際に、本人確認書類をアップロードにて株式会社DMMBitcoinまで送る必要があります。

利用できる本人確認書類は

  1. 免許証(顔写真付き確認書類)
  2. パスポート(顔写真付き確認書類)
  3. 住民台帳基本カード(顔写真付き確認書類)
  4. 在留カード(顔写真付き確認書類)
  5. 各種保険証及び住民票の写し等(顔写真なしの確認書類を2種類提出)

となります。

個人番号(マイナンバー)の記載のある個人番号カード、通知カード及び住民票の写しは本人確認書類としては利用できません。

「本人確認書類と送付方法について」も併せてご確認ください。

また、携帯電話のSMSを通じた認証を行います。

必要事項の登録及び本人確認書類を受領した後、株式会社DMMBitcoinにて口座開設審査が行われます。

口座開設手続き完了後、登録した住所へ本人宛に郵便物が送られてきます。

STEP3:口座開設完了 取引スタート

DMMBitcoin 評判

マイページにログイン後、受け取った郵送物に記載されている認証コードを入力していただくことで本人確認手続きが終了し、登録完了です。

マイページから入金もしくは仮想通貨を入庫(送付)の手続きをすることで取引が開始できます。

口座開設が終わった後は、実際に取引をしてみよう!

DMMBitcoin 評判

ここまでで、口座開設に必要なステップについては理解していただけたかと思います。

そこで、次は実際の「仮想通貨取引」の流れについて見ていきましょう。

「投資をやるのなんて初めてで怖いよぉ…」

という方もこれを見ればDMMビットコインでの仮想通貨取引を始めることが出来ます。

STEP1:入金もしくは仮想通貨の入庫(入金方法)

入金には大きく分けて

  1. クイック入金
  2. 銀行振込

の2種類があります。

クイック入金とは、マイページより簡単な操作でユーザーの金融機関口座から24時間リアルタイムに入金出来るサービスです。

約1,000件以上の金融機関を利用することが可能です。

手順としては以下の通りとなります。

マイページのメニュー「入金・入庫」から「日本円入金(クイック入金)」を選択し、金融機関及び入金額を入力の上、「入金手続きを開始する」ボタンを押してください。

DMMBitcoin 評判

確認画面が表示され、内容に相違が無ければ「金融機関にログインする」ボタンを押してください。

指定の各金融機関へのサイトへ遷移しますので、手続きを進めてください。

一方で、銀行振込では、マイページのメニュー「入金・入庫」から「日本円入金(銀行振込)」を選択すると振込先の口座情報が表示されます。

DMMBitcoin 評判

金融機関より手続きをお願いします。

銀行振込には注意事項が存在しますので、必ず確認してから手続きをして下さい。

仮想通貨の入庫に関しては、マイページのメニュー「入金・入庫」から入庫したい仮想通貨を選択すると入庫用アドレスに仮想通貨を送付して下さい。

DMMBitcoin 評判

その際、誤ったアドレスに送付した場合や異なる通貨を送付した場合、当該仮想通貨は株式会社DMMBitcoinには届かず、失われる可能性があります。

そういった場合、DMMビットコインでは返還等の対応には一切応じていないので、入庫用アドレスに誤りがないか十分に確認してください。

また、セキュリティ及びブロックチェーンの性質上、ユーザーの口座に反映されるまで数時間から数日ほど時間を要する場合があります。

STEP2:トレード口座への資金もしくは仮想通貨の振替

取引システムを通じた取引を行う場合には、ウォレット口座からトレード口座に資金を振り替える必要があります。

まずは、マイページのメニュー「口座振替」を選択します。

DMMBitcoin 評判

すると、口座振替画面が表示されますので、各項目を選択・入力の上「確認する」ボタンを押してください。

確認画面が表示され、「振替を行う」ボタンを押すことで振替が完了します。

STEP3:トレード口座へのログイン

PC版では、マイページのメニュー「トレード口座」を選択するだけでログインされた状態の取引システムが立ち上がります。

DMMBitcoin 評判

一方、スマートフォンで利用する場合はアプリが立ち上がり、再度ログインする必要があります。

STEP4:取引開始

DMMビットコインでは、仮想通貨の「現物取引」と「レバレッジ取引」を提供しています。

現物取引とは、ユーザーとDMMビットコインの間で取引の都度現金及び仮想通貨の受け渡しが行われる取引となります。

なお、現物取引はユーザーがDMMビットコインに預け入れている資金(仮想通貨を含む)の範囲内でしか取引できません。

また、保有していない仮想通貨を売ることも出来ません。

一方で、レバレッジ取引には現物取引とは異なる二つの特徴があります。

一つは「差金決済」です。

レバレッジ取引は、取引ごとに受け渡しが行われるわけではなく、仮想通貨を売買した時の「差額の現金のみ」を「決済時に受け渡す」差金決済の取引となります。

また、「買い」からだけでなく、「売り」から取引することが出来ます。

取引の流れとしては

  1. 新規注文:買いまたは売りで取引を開始する
  2. ポジション保有:仮想通貨の価格変動を見ながら決済のタイミングを見る
  3. 決済注文:反対売買(新規買いの場合は売り、新規売りの場合は買い)を行う

となっています。

例えば、ビットコインの価格が50万円のとき1ビットコインを「買い」から取引を開始し(新規注文)、55万円になったときに「売り」にて反対売買(決済注文)した場合、新規と決済の差額5万円が利益として確定し、受け渡しを行うことになります。

DMMBitcoin 評判

二つ目の特徴は、「証拠金とレバレッジ効果」です。

差金決済では、現物の受け渡しがないので、取引の際に取引金額の全額を用意する必要はありません。

しかし、取引により損失が生じた場合でも決済が出来るよう、一定額の資金を預け入れる必要があります。

この預け入れる資金を「証拠金」と呼びます。

そのため、ユーザーは預け入れた資金以上の金額の取引を行うことが可能となっており、これを「レバレッジ効果」と言います。

例えば、1ビットコインが50万円のときに2ビットコインを「買い」で取引した場合を見ていきましょう。

取引金額(総代金)は50万円×2で100万円となります。

すると、必要な証拠金はレバレッジ5倍の場合においては、総代金の20%となるので

100万円×0.2=20万円

となります。

より詳しい取引方法は以下から確認して下さい。

PC版取引システムの操作マニュアル

スマートフォン版取引システムの操作マニュアル

STEP5:出金もしくは仮想通貨の出庫(出金方法)

出金及び仮想通貨の出庫はマイページから手続きする必要があります。

トレード口座の資金・仮想通貨を出金・出庫する場合、一度ウォレット口座への振替が必要となります。

振替は、マイページのメニュー「口座振替」から行えます。

振替口座で「トレード口座からウォレット口座へ」を選択し、通貨及び金額/数量を指定したうえで、「確認する」ボタンを押して手続きを進めてください。

出金を行う場合には、事前にユーザーの出金先金融機関の口座を登録する必要があります。

マイページのメニュー「各種設定」から「出金口座の銀行設定」から登録します。

出金先金融機関を登録した後、マイページのメニュー「出金・出庫」から「日本円出金」を選択し、「出金申請する」ボタンを押して手続きを進めてください。

DMMBitcoin 評判

出庫の場合は、マイページのメニュー「出金・出庫」から出庫したい仮想通貨を選択して下さい。

DMMBitcoin 評判

出庫画面が表示されるので、送付先のアドレス、数量等を入力し、手続きを進めてください。

まとめ

DMMBitcoin 評判

いかがでしたでしょうか?

DMMビットコインを利用するメリットと言えば

  • 取引できる仮想通貨の種類が豊富
  • 使いやすくて豊富な取引ツール
  • 様々な手数料が無料
  • 土日も含めた24時間対応サポート!

となります。

また、現在DMMビットコインでは

「アプリ27万DL突破記念! 取引応援キャンペーン!!」

を実施しています。

DMMBitcoin 評判

こちらは、キャンペーン期間中にDMMビットコインのレバレッジ取引の取引高と純資産額に応じて

  • 20,000円相当の高級「国産和牛カタログギフト」
  • 20,000円相当のキャビア・トリュフ・フォアグラの世界3大珍味セット(限定100)

などをプレゼントしてくれるキャンペーンとなっています。

対象としては、「期間中にレバレッジ取引の約定代金が1億円以上」かつ「期間後の翌月5日時点の純資産額が80万円以上」のユーザーとなります。

「レバレッジ取引の約定代金が1憶円以上」とは、ビットコインで言えば約100BTC、イーサリアムで言えば約1,000ETHとなります。

期間は2018年6月30日までとなっていますので、是非今すぐDMMビットコインで仮想通貨取引を始めてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事